リアンの法要
リアンの法要
リアンの法要
リアンの法要

文月

7月は「文月(ふみづき)」です。文月の名前の由来については、いくつかの説がありますが、最も一般的なものを紹介します。

1. 七夕の行事と関連
7月7日の七夕には、短冊に願い事を書き、笹に飾る風習があります。この「文」(ふみ)という言葉が「手紙」や「文章」を意味し、短冊に書かれた願い事が由来となって「文月」と呼ばれるようになったとされています。

2. 稲穂が実り始める時期
7月は稲穂が実り始める季節であり、「穂見月(ほみづき)」とも呼ばれていました。これが転じて「文月」となったという説もあります。

どちらの説にしても、文月という名前には日本の伝統や季節感が深く関わっています。

 

 

お買い物カゴ